検定・クイズのことなら検定数日本一の「けんてーごっこ」!

1000人以上 殿堂入り

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

石見神楽検定

石見神楽検定

石見神楽について、( )に当てはまる語句として最も適当なものを選んでください。

作者:Qろいど by wiki (AIが自動作成)
6問正解で合格/全8問中
合格233人/全244人中
作成日:2002年01月01日
カテゴリ: - 石見神楽

 

ケータイからでも
受検できます


【!注意!】この検定のネタバレを見る【!注意!】

問題一覧

Q:石見神楽とは神楽の様式のひとつである。島根県西部と広島県北西部において( )として受け継がれている。日本神話などを題材とし、演劇の要素を持つ。地元では「舞」「どんちっち」とも呼ばれる。
Q:起源については諸説あるが、石見地方において室町時代後期には既に演じられていたと言われ、( )系の神楽である大元神楽をルーツとし出雲流神楽・能・狂言・歌舞伎などが影響を与えて演劇性を増し、現在の石見神楽が形成されたとされる。
Q:1979年、前述の大元神楽が国の( )に指定されたほか、各県各地多くの神楽が県または市町村の無形民俗文化財に指定されている。
Q:七座と神能とが整然と分かれず、演劇性・( )性を強めた大衆的な芸能として発展している。一般的な神楽のイメージとは一線を画した「軽快かつ激しい囃子と舞い」が特徴で、盛んな石見地方・広島県北西部では子供から老人にまで幅広く人気がある。
Q:石見神楽はもともと、収穫期に自然・神への感謝をあらわす( )として神社において夜を徹して朝まで奉納されるものだったが、現在はこれに加え、地元ほか各地で行われる祭事や定期上演、競演大会、民間各種イベントへの出演等、石見神楽を観られる機会は年中を通して非常に多くなっている。
Q:元来は、各地域で氏子達が奉納のために集まって形成された団体。( )後半からは「同好会・保存会」的な団体も増加している。このため氏子として地元の団体へ弟子入りせず、好みの団体へ加入するケースも増えている。
Q:奉納先からの奉納金、観客からの花代、寄付等を収入として活動している。石見神楽を( )化した団体は存在せず、すべての所属者は他に仕事等を持っている。
Q:また奏者は演奏しながらその演目に合わせた短歌形式の( )を唄い、また掛け声などでより雰囲気を盛り上げる。
[New!!] けんてーポイントランキング(毎日更新)
上位ランカーは誰だ!?
 

この検定へのメッセージ

  • 素晴らしい!
    (2013/11/27 23:21)
  • 次回作が楽しみだね!
    (2013/11/27 23:21)
  • 楽しかった!
    (2013/10/06 19:21)
  • 勉強になりますた!
    (2015/09/03 15:15)
  • 素晴らしい!
    (2015/09/03 15:15)
  • 作者への敬意が感じられる!
    (2016/04/03 18:03)
  • 作品への愛が感じられるね!
    (2016/04/03 18:03)
  • 素晴らしい!
    (2016/04/03 18:03)
  • ファンタスティック!
    (2016/04/03 18:03)
  • 難しい!だがそれがいい!
    (2016/04/03 18:03)
  • このテーマ大好き!
    (2016/04/03 18:03)
  • 楽しかった!
    (2016/04/03 18:03)
  • 懐かしいね!
    (2016/04/03 18:03)
  • ブラボー!
    (2016/04/03 18:03)
  • いい切り口だね!
    (2016/04/03 18:03)