検定・クイズのことなら検定数日本一の「けんてーごっこ」!

1000人以上 殿堂入り けんてーごっこゲーム

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

日本陸海軍の航空機について

◆◆◆ 検定 ◆◆◆

第二次世界大戦において活躍した航空機はもちろん、開発や構想のみで終わってしまった航空機についての問題です。ディープな世界ですが、解説もがんばっていきますので自信のある方はもちろん、興味がある方もぜひご参加ください!

作者:マシア
7問正解で合格/全10問中
合格34人/全58人中
作成日:2016年06月08日
カテゴリ:趣味 - 飛行機局地戦闘機 戦闘機 日本軍 海軍 爆撃機 艦上戦闘機 艦上攻撃機 艦上爆撃機 重戦闘機 陸軍

 

こちらの検定もいかがですか?

旧日本軍の戦闘機・爆撃機

頭を多分つかいます。
[第1問] 日本初の液冷戦闘機はな...
[第2問] 始めてコックピットや座席後部に装甲板を追加した...
[第3問] 97式重爆撃機の航続距離は何...
[第4問] 97式重爆撃機の航続距離は何...
[第5問] アメリカ軍から「攻撃力の高い重戦闘機だ!」っと呼ばれた日本初の重...
[第6問] 1式戦闘機「隼」の武装...

軍用機、戦闘機検定

現代の軍用機、戦闘機に関する検定です。ちょっとマニアックなものもあるかもです。
[第1問] 次の中で最大離陸重量の最も大...
[第2問] 次の中で米軍、カナダやイギリス等の同盟国の戦闘機を置き換えるJF...
[第3問] 次の中で垂直着陸が不可...
[第4問] 次の中でF-35の派生型の中でアメリカ海兵隊向けに...
[第5問] 次の中で、アメリカ海軍、およびNATOにて使用された戦術データリンク、リンク4 (TADIL-C)の...
[第6問] 次の中で可変後退翼を備...
[第7問] 次の中で日本の自衛隊で運用されて...
[第8問] 次の中で着水が可能...
[第9問] 次の中で主にボーイングが開発...
[第10問] 次の中でA-10サンダーボルトⅡ戦闘攻撃機に搭載されてい...

戦闘機VS戦闘機

初回なので上手くできているかどうかわかりません。
[第1問] bf109VSモスキート 火力は...

戦闘機(自衛隊)

自衛隊の戦闘機に関する検定です。簡単かな?
[第1問] 航空自衛隊の主力戦闘機F−15J/...
[第2問] F−4EJのマザースコ...
[第3問] F−15Jのマザースコ...
[第4問] 次の飛行隊のうち、唯一F−4EJ改からF−15...

戦闘機検定だよん

今回は軍事兵器

今回は戦闘機だよ

(みんなの検定より移行)
[第1問] 日本海軍が保有した艦上戦闘機「零式艦上戦闘機」。零式艦上戦闘機の...
[第2問] ナチス・ドイツが作った「Me163コメート」その戦闘機の...
[第3問] WW2のアメリカ空軍のP-51。とくにD型は決定版と言われるほどの傑作である。では...
[第4問] 楕円翼形の主翼を持つ、WW2のイギリス空軍の戦闘機「スピットファイア」こ...
[第5問] ベトナム戦争時代に「最強」との呼び名が高かった「F-4ファントム?」そのファントム?のパイ...
[第6問] 航空自衛隊のF-15Jは何をベースとさ...
[第7問] イギリス空軍にはトーネードADVという防空戦闘機があるが、イギリスでは退役している...
[第8問] F/A-18E/Fに搭載されているM61A1バルカン...
[第9問] 航空自衛隊のマルチロール機F-2戦闘機。東日本大震災の津波の影響を受...
[第10問] ヨーロッパ共同開発したユーロファイタータイフーン。この機体のハー...

爆撃機けんて〜い

大型爆撃機を主とした事についてです。っていうか気づいたら、アメリカばかりになっていたり、何故か爆撃に関係ないどうでもいい問題になっていたりとグダグダ検定です

(みんなの検定より移行)
[第1問] アメリカが製造した「B−17」この機体の愛...
[第2問] ドーントレスが日本空母4隻(1隻は処分に追い込んだかな?)を...
[第3問] 日本の一式陸攻。その火のつきやすさからなんとよ...
[第4問] B−52ストラトフォートレスに昔、M61 20mmバルカン砲を装...
[第5問] ソ連の戦略爆撃機Tu-95。主翼の後退...
[第6問] アメリカの試作戦略爆撃機XB-70ヴァルキリー。1機が空中衝突して墜落したが、...
[第7問] アメリカの戦略爆撃機B-1。その最高速...
[第8問] ロシアの戦略爆撃機Tu-160が登場しない...
[第9問] 世界一高価な航空機B-2。そのお値段...
[第10問] なんかアメリカばかりでこのままじゃ<br />「アメリカばかりじゃないか!日本はどうした!?貴様は日本人じゃないだろ!?」<br />とか反感をかいそうなので、爆撃機とは言えないかもしれませんが、マルチロールということでF-2の話題を1つ<br /><br /><b...

戦闘機VS戦闘機2 F6FヘルキャットVSゼロ戦54型  

F6Fヘルキャットと零戦54型が1対1で空中戦を繰り広げている!
[第1問] どっちが勝つ...

日米大戦機検定1

第2次大戦で活躍した、日米の大戦機に関する検定です。1回目なので、基本的な簡単な問題ばかりです。
[第1問] 零戦にない...
[第2問] 中島飛行機製ではな...
[第3問] 液冷エンジンを搭載して...
[第4問] 海軍機...
[第5問] 4発機ではない...

エアライン・クラシックス検定1

民間機やエアラインに関する検定です。主に70年代前後の機体やエアラインに関する問題がメインとなります。このシリーズを今後続けて行く予定です。
[第1問] かつて存在した「UTA」とはどこの...
[第2問] 「British Airways」は、「BOAC」と何とい...
[第3問] 次のエアラインで、「トライスター」を就...
[第4問] かつて存在した「East African Airways」の構成...
[第5問] 次の中で、3発機で...

エアライン・クラシックス検定2

70年代前後のエアライン・クラッシックスに関する検定第2弾です。
[第1問] かつて存在した「インターフルグ」はどこ...
[第2問] B-707を就航させていたエ...
[第3問] VC-10とエンジン配列が同...
[第4問] パンナムが吸収したエア...
[第5問] かつてJALが乗り入れたことがある...

ケータイからでも
受検できます


【!注意!】この検定のネタバレを見る【!注意!】

問題一覧

Q:太平洋戦争目前の昭和15年に正式採用された「零式一号艦上戦闘機一型」(以下零戦一一型)は、中国戦線において華々しい活躍をみせた。のちに正式採用される「零式一号艦上戦闘機二型」(以下零戦二一型)は零戦一一型との大きな違いがある。その違いとはなにか。
Q:零戦と同じ発動機を使用した日本陸軍戦闘機「キ43 一式戦闘機」愛称「隼」(以下隼)は九七式戦闘機の特徴、技術を踏襲し、新たに引き込み脚を装備した戦闘機である。また一型で装備されたハ25からハ115へ換装し、プロペラを2翅から3翅へと変更し、二型として陸軍最多の生産数を誇る戦闘機である。また外国での運用も多く、実際に外国籍の軍用機として連合軍と戦闘を行っている。次のうち一式戦闘機を運用をし、連合軍と空戦を行った国にあてはまるものはどこか。
Q:日本海軍の主力艦上爆撃機、艦上攻撃機には「九九式艦上爆撃機」と「九七式艦上攻撃機」などがある。またのちに逆ガル型の翼が特徴の艦上攻撃機「流星」が正式採用される。その流星のもつ機能を説明したもので適当なものはどれか。
Q:日本軍の航空機の命名基準として、海軍では記号を用いA=艦上戦闘機、B=艦上攻撃機といったようにわけ、また開発された設計会社もA=愛知航空機、M=三菱重工業といったような命名法を持つ。また陸軍では「キ」番号を各航空機に割り当てて区別した。それとは別に皇紀の下二桁の数字を用いそれを正式名称とした(一式戦闘機は皇紀2601年正式採用、といった具合)。しかし陸軍の九九式襲撃機は皇紀2600年正式採用にもかかわらず、「九九」としている。それはなぜか。
Q:第二次世界大戦中に航空機に使われた発動機は、空冷・もしくは液冷である。戦前の日本では欧州の戦闘機を模したため液冷発動機も多く見られたが、戦中に液冷発動機を装備した航空機は艦上爆撃機「彗星」やダイムラーベンツの液冷エンジンを模したハ40を装備した三式戦闘機「飛燕」といったごく限られたものだけにとどまった。また三式戦闘機「飛燕」はさまざまな問題を抱え、出撃すらままならない状態が続いていたが、のちにキ100 五式戦闘機として復活をとげた。三式戦闘機から五式戦闘機へ大きく変わった点はなにか。
Q:局地戦闘機「雷電」は、九六式艦上戦闘機、零式艦上戦闘機に続き堀越二郎が設計を担当した航空機である。同時期に生まれた「紫電改」と比較され、海軍では紫電改が主力という認識が少なくなかった。しかし戦争終盤では飛来してくる米軍爆撃機を相手に雷電は多くの戦果を挙げた。戦果につながる大きな要因として適当なものはどれか。
Q:「富嶽」は戦中にアメリカ軍の本土初空襲の折、考案された超大型戦略爆撃機である。その設計は当時世界最大の爆撃機B-29を大きく上回るものであり、6発もの発動機をもつまさに世界最大の爆撃機であった。その設計の巨大さ、複雑さから開発自体は見送られているものの、この富嶽を使い日本軍はある作戦を構想していた。その構想とはなにか。
Q:遣独潜水艦作戦とは、ドイツとの軍事技術、人材、戦略物資などの交換を行うため潜水艦を使い交流を図る作戦である。この作戦は全部で5回行われ、無事帰国できたのはわずか1回である。また第四回ではドイツで正式採用されているジェット戦闘機である「Me262」と「Me163」の設計図面がアメリカ軍の攻撃により海中へと消えてしまった。しかし日本は少ない資料と残った工業・技術力を駆使してなんとかジェットエンジンの開発へと成功する。Me163を模した「秋水」は試作で終わってしまったが、連合軍爆撃機の高度を瞬時に追い抜かし、滑空による攻撃を主とする設計であったロケット戦闘機であるが、燃料終了後の着陸方法が特徴的な方法であった。当てはまるものはどれか。
Q:キ44 二式単座戦闘機「鐘馗」は陸軍の戦闘機である。同じく皇紀2602年に採用された重戦闘機「屠龍」と区別するため「単座」の文字が入っている。この鐘馗は一式戦闘機「隼」と同時期に開発され、隼は格闘型、鐘馗は一撃離脱型と大まかな特製が区別されていた。鐘馗は射撃時の安定性が特に優れており、のちの四式戦闘機「疾風」もその技術が踏襲された。その技術とは何か。
Q:第三四三海軍航空隊、三四三空は、太平洋戦争末期に峰松巖大佐、源田實大佐のもと編成された攻撃部隊である。航空戦に勝てないことには戦争の勝利はないという信条の源田のもと、当時の日本航空隊には珍しい電探や電話などの通信、艦上偵察機彩雲による徹底した哨戒による情報収集、航空機2機、あるいは4機の編隊を徹底した攻撃方法、東南アジアや中国に散らばった熟練搭乗員の徴用、当時の最新鋭航空機を配備し、敗色濃厚の中アメリカ軍に少なくない損害を与えた。この三四三空に配備され、空戦を行った当時最新鋭の戦闘機はどれか。
[New!!] けんてーポイントランキング(毎日更新)
上位ランカーは誰だ!?
 

この検定へのメッセージ

  • 楽しかった!
    (2016/06/10 21:31)