検定・クイズのことなら検定数日本一の「けんてーごっこ」!

1000人以上 殿堂入り

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

サメ知識検定超上級者向け

サメ知識検定超上級者向け

一般的なサメの知識の確認では満足できない人向けの検定です

作者:出羽雀台
7問正解で合格/全10問中
合格1人/全2人中
作成日:2016年09月28日
カテゴリ:知識 - 学問、研究サメ 板鰓類 軟骨魚類

 

ケータイからでも
受検できます


【!注意!】この検定のネタバレを見る【!注意!】

問題一覧

Q:オンデンザメ科に分類されるオジロザメ属のサメは2016年9月末までに世界中から4種類確認されています。 この4種類のうち、尾鰭の下葉が最も大きく発達しているサメはどれか。
Q:2016年9月末現在において、以下の選択肢に示すサメの中で発見された個体数が最も少ないものはどれか選択しなさい。
Q:オンデンザメ属に属する5種類のサメのうち、最も大きいサメはニシオンデンザメとされていますが、オンデンザメ属のサメのうち3番目に大きなサメはどれか。
Q:元々日本に生息していたが、2008年にドイツの大学院生が日本に生息していることを確認したサメは以下のうちどれか。
Q:サメは浸透圧調節に鰓、腎臓を用いて塩分の調節を行うが、もう一か所サメにとって重要な塩分調節器官があるそれは何か。
Q:以下に示す4種類のサメのうち3種類は日本の魚類学者、故矢野和成氏が共著も含め新種として報告したサメです。 この中で故矢野和成氏が新種として報告していないものはどれか。
Q:サメは一般的に雌雄同体がありえない生物とされてきましたが、それを揺るがすかもしれない、未発達の輸卵管を持つ雄、未発達の交接器をもつ雌のサメが発見された。そのサメは以下のうちどれか。
Q:サメの顎を構成する軟骨のうち間違っているものはどれか。
Q:ヒレトガリザメ属のサメはサメのなかで最も偏食なサメと言われています。 では、ヒレトガリザメ属のサメが好んで食べる生物は次のうちのどれか。
Q:日本近海に生息するアブラツノザメの学名は、Squalus acanthiasという名前であったが、2010年に大西洋産のものとは別の種類であるとの研究結果から学名が変更された。 その学名は何か選択せよ。
[New!!] けんてーポイントランキング(毎日更新)
上位ランカーは誰だ!?
 

この検定へのメッセージ

  • 勉強になりますた!
    (2016/12/16 21:33)