検定・クイズのことなら検定数日本一の「けんてーごっこ」!

1000人以上 殿堂入り

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

若石健康法検定

若石健康法検定



台湾で発祥し、世界各国に普及しているリフレクソロジーの検定です。

作者:踵息愚人
6問正解で合格/全8問中
合格1人/全2人中
作成日:2017年03月02日
カテゴリ:趣味 - 健康台湾式、リフレクソロジー、足つぼ、足ツボ、反射区

 

ケータイからでも
受検できます


【!注意!】この検定のネタバレを見る【!注意!】

問題一覧

Q:1970年代から80年代にかけて台湾式足裏健康法の元祖ともいえる若石健康法普及のきっかけをつくったのは、台湾在住で( )国籍のジョセフ・オイグスター神父である。
Q:1982年に陳茂雄氏によって台北に設立された国際若石健康研究会の初代より会長を務める陳茂松氏は、会長に就任する前は、( )を経営していた。
Q:日本での普及は、1985年に( ① )が発足することにより始まった。台湾でバイオリンの演奏指導を本業としていた( ② )氏も精力的に普及に取り組んだ。
Q:歩道に大小さまざまな石や木材を敷き詰めた健康遊歩道は、台湾の( )に駐在経験がある阿部俊一氏が若石健康法の理論をベースにして開発した。
Q:1990年に行われた若石健康法( )世界大会に、WHOのグンター・リーベスヴァ-ル博士の代理としてシーグリンド・ワインバーガー博士が参加されて、若石健康法に対する高い評価を頂きました。
Q:若石健康法の呼吸法ともいえる若石調息養気法は、全部で( )式の型がある。
Q:若石健康法のロゴマークに使われている八角形は、若石健康法の理論のベースともなっている( )に由来するものである。
Q:若石健康法の反射区で64番の「痰を切る」は、もともとは、経絡の胃経にある( )という経穴(つぼ)で、ここを刺激すると痰が切れやすくなることからこのような名前となった。
[New!!] けんてーポイントランキング(毎日更新)
上位ランカーは誰だ!?
 

この検定へのメッセージ

    まだメッセージはありません...