検定・クイズのことなら検定数日本一の「けんてーごっこ」!

1000人以上 殿堂入り

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

足の神様

足の神様

全国にある足にまつわる神社仏閣にかんする出題です。

作者:踵息愚人
6問正解で合格/全6問中
合格2人/全3人中
作成日:2017年03月02日
カテゴリ:文化 - 日本文化神社、仏閣、寺院、お守り、健脚、足腰、病気平癒、健康、治病、美脚

 

ケータイからでも
受検できます


【!注意!】この検定のネタバレを見る【!注意!】

問題一覧

Q:大阪府豊中市にある服部天神宮には、平安時代に( )が左遷された時に足を傷めて歩けなくなり、地元の秦氏の勧めにより少彦名命の祠を参ったところ、足が完治したという伝説がある。
Q:奈良時代、道鏡に左遷されて大隅国へ向かう途中に足を傷めた和気清麻呂公が歩けなくなったとき、突然現れた数百頭の( )が、宇佐八幡宮に導いたと言われています。宇佐八幡宮に参拝すると、足が完治したことから、和気清麻呂公を御祭神とする神社では、神( )として祀られています。
Q:北関東や東北地方に多く祀られているアラハバキ神は、古事記や日本書紀には登場しないまつろわぬ神様ですが、アラハバキという字を漢字に当てると荒脛巾と書き、それは、足の( )を意味することから、足の神様として信仰を集めるようになりました。
Q:韋駄天と言えば、足が速かったことで健脚の神様として祀られていることが多いですが、中国では、(  )に祀られていることが多いです。
Q:古代日本では、民間信仰として集落のはずれに集落の安全や集落を出入りする際の旅の安全を祈願する道祖神が祀られましたが、古事記などで道案内や導きの神様とされた国つ神の( )とともに祀られている祠も多く見受けられます。
Q:関東で子の権現として崇められている神様は、平安時代の子の年、子の月、子の日、子の刻に( )県で生まれた修行僧が足の治療に霊元あらたかであることから、子の権現として尊崇を集めるようになった。
[New!!] けんてーポイントランキング(毎日更新)
上位ランカーは誰だ!?
 

この検定へのメッセージ

    まだメッセージはありません...