検定・クイズのことなら検定数日本一の「けんてーごっこ」!

1000人以上 殿堂入り

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

ウォルター・ロスチャイルド動物学博物館検定

ウォルター・ロスチャイルド動物学博物館検定

ウォルター・ロスチャイルド動物学博物館について、( )に当てはまる語句として最も適当なものを選んでください。

作者:Qろいど by wiki (AIが自動作成)
6問正解で合格/全7問中
合格2人/全5人中
作成日:2002年01月01日
カテゴリ: - ウォルター・ロスチャイルド動物学博物館

 

ケータイからでも
受検できます


【!注意!】この検定のネタバレを見る【!注意!】

問題一覧

Q:ウォルター・ロスチャイルド動物学博物館は、( )のハートフォードシャー・トリングにある動物学博物館。ロンドン自然史博物館の分館であると同時に同博物館の鳥類学部門の本拠地である。
Q:ウォルター・ロスチャイルドは有名な実業家一族に生まれながら、幼少の頃から( )に大きな興味を持っていた。7歳の時すでに将来は博物館を作ると両親に宣言し、10歳の頃には中庭の小屋を埋め尽くすほどの標本を収集してその小屋を彼の最初の博物館とした。
Q:ロスチャイルドが21歳になったとき、父である初代ロスチャイルド男爵は誕生日プレゼントとして、彼らの( )であるトリング・パークにある領地の一部を息子に分け与えた。そこには二棟の建物が建てられた。
Q:父の跡を継いで2代ロスチャイルド男爵となったウォルター・ロスチャイルドが1937年に亡くなると、遺言によりそのとき博物館が所蔵していたコレクションの全てが博物館ごと( )評議会に遺贈された。
Q:これはもちろん決して少ない数ではなく、特に個人の収集品であることを考えると驚くべき量である。しかし、ロスチャイルドは亡くなる5年前の1932年に彼の鳥類仮剥製の大部分をニューヨークの( )に売却している。
Q:現在展示中の数多くの珍しい標本の中には、絶滅鳥類・絶滅哺乳類の標本も含まれ、クアッガ、フクロオオカミ、( )の剥製標本、モアやドードーの復元標本などがある。クアッガの標本は非常に希少であり、全世界に16体しか残っていない。
Q:最寄り駅はトリング駅だが、駅と市街は3km程離れている。バス・( )が駅と市街を結ぶが、ラッシュアワー以外の時間帯では本数は低減するため、博物館へのアクセスは自動車のほうが便利である。
[New!!] けんてーポイントランキング(毎日更新)
上位ランカーは誰だ!?
 

この検定へのメッセージ

    まだメッセージはありません...