Q.ペンギンは南極にすむと思われがちだが、実際に南極大陸におもな繁殖地を持つのはコウテイペンギンとアデリーペンギンの2種類だけである。アデリーペンギンは夏に地面が露出した海岸で繁殖するが、コウテイペンギンは零下数十度の( )の氷原で繁殖を始める。

初雪
ストーブ
暖冬
冬

▼この問題に関連するクイズ
関連検定:コウテイペンギン検定
関連クイズ

Q.体長は100cm-130cm、体重は20kg-45kgに達する。成鳥は頭部とフリッパーと尾羽が黒、背中は灰色、腹部は白色、耳の周辺から喉、胸が黄色である。また、下の( )の根もとには嘴鞘という部分があり、ここも黄色をしている。

Q.潜水能力は鳥類最高で、水深500m以上の深さに20分以上潜るとも言われる。他のペンギンと同様に肉食性で、魚類、イカ、オキアミなどを捕食する。いっぽう、おもな天敵はシャチや( )である。

Q.ペンギンは南極にすむと思われがちだが、実際に南極大陸におもな繁殖地を持つのはコウテイペンギンとアデリーペンギンの2種類だけである。アデリーペンギンは夏に地面が露出した海岸で繁殖するが、コウテイペンギンは零下数十度の( )の氷原で繁殖を始める。

Q.南極では秋にあたる( )から4月の頃、群れは海を離れて繁殖地である氷原に上陸する。繁殖地は海岸から50km~100kmほど離れた内陸部である。

Q.海へ行ってきたメスはヒナのための食物を胃に貯蔵しており、食物を吐き出してヒナに餌として与える。ヒナは最初羽毛も生えていないが、やがて( )を小さくしたような黒と灰色の綿毛が生える。海へ行ったオスは、やはり同様に食物を胃に貯蔵して、数週間後に繁殖地へ戻ってくる。