検定・クイズのことなら検定数日本一の「けんてーごっこ」!

ホーム > 

真珠湾攻撃検定

スポンサードリンク

Q:日本海軍は対米戦争の基本戦略として漸減邀撃作戦を有していた。これは真珠湾から日本へ向けて侵攻してくるアメリカ艦隊の戦力を、潜水艦と( )を用いて漸減させ、日本近海において艦隊決戦を行うというものであった。 出典:ウィキペディア フリー百科事典 


 

関連問題

3
日本海軍は対米戦争の基本戦略として漸減邀撃作戦を有していた。これは真珠湾から日本へ向けて侵攻してくるアメリカ艦隊の戦力を、潜水艦と航空機を用いて漸減させ、日本近海において艦隊決戦を行うというものであった。
この問題が含まれる検定
真珠湾攻撃検定
Q:当時の日本側呼称はハワイ海戦。太平洋戦争緒戦の南方作戦の一環として計画された作戦であり、( )に次いで開始された作戦である。戦闘の結果、アメリカ太平洋艦隊の戦艦部隊は戦闘能力を喪失した。
Q:オアフ島真珠湾のアメリカ海軍基地は1908年に設置され、以来日本海軍にとって脅威となっていた。真珠湾の海軍基地は( )と呼ばれた要塞群で守られており、中には戦艦と撃ち合える40センチ砲も設置されていた。
Q:日本海軍は対米戦争の基本戦略として漸減邀撃作戦を有していた。これは真珠湾から日本へ向けて侵攻してくるアメリカ艦隊の戦力を、潜水艦と( )を用いて漸減させ、日本近海において艦隊決戦を行うというものであった。
Q:当時数少ない海軍将官きっての航空通の1人であった大西は、ある程度骨子を作った後、2月に第1航空戦隊の参謀であった( )中佐に山本の意向を伝えた。源田は1週間後、オール爆撃案と、雷爆撃併用案の2つの案を作り大西に示した。真珠湾への航空攻撃の成否を左右するのは雷撃が可能かどうかであった。
Q:真珠湾航空奇襲の訓練は鹿児島県の( )を中心に、鴨池、鹿屋、笠之原、出水、串木野、加世田、知覧、指宿、垂水、郡山、七尾島、志布志湾の各地で行われた。技術的な課題は、第1に水深12メートルという浅瀬でどうやって魚雷攻撃を行うか、第2に戦艦の装甲をどうやって貫通させるか、の2点であった。
Q:航空攻撃と併用して、5隻の特殊潜航艇による魚雷攻撃も立案された。特殊潜航艇による真珠湾侵入は生還を期しがたい決死の作戦となるため、( )大尉ら10名の特別攻撃隊が選抜された。
Q:鹿児島県での訓練を終えた艦隊は大分県の( )に集結し、最終演習の後、11月18日に択捉島の単冠湾へと向かった[http://www.nishinippon.co.jp/news/wordbox/display/1117/ 真珠湾攻撃] - 西日本新聞。
Q:1941年11月1日、東條英機内閣は大本営政府連絡会議において( )を決定し、要領は11月5日の御前会議で承認された。以降陸海軍は12月8日を開戦予定日として真珠湾攻撃を含む対米英蘭戦争の準備を本格化した。

上へもどる