検定・クイズのことなら検定数日本一の「けんてーごっこ」!

ホーム > 

高校野球検定 10 2015選手権その2

Q:2015年夏選手権決勝戦について述べた文章として誤っているものをお答えください。 


 

検定を投稿需 無料会員登録

関連問題

2
6-6の9回表に小笠原選手の本塁打など4点を加点した東海大相模。最後は青木選手を打ち取り、優勝を果たしました。 この試合で東海大相模は10得点しましたが、8番サードで先発した川地選手のみ無安打に終わったため「先発全員安打」は誤りになります。
この問題が含まれる検定
高校野球検定 10 2015選手権その2
Q:2015年夏選手権に出場した(登録選手・背番号)の組み合わせとして誤っているものをお答えください。(後ろの括弧は選手の在籍校)
Q:2015年夏選手権に出場した岐阜城北。3人全てが同校の登録選手である選択肢をお答えください。
Q:2015年夏選手権に出場した以下の選手の中から、右投げの選手をお答えください。
Q:2015年夏選手権に出場した今治西について述べた文章として正しいものをお答えください。
Q:2015年夏選手権で起きた出来事として誤っているものをお答えください。
Q:2015年夏選手権時点での(高校名・監督名)の組み合わせとして正しいものをお答えください。
Q:2015年夏選手権に出場し甲子園を沸かせた関東一。同校について述べた文章として正しいものをお答えください。
Q:2015年夏選手権において、以下の条件を全て満たす試合をお答えください。 1.公立校が勝利した 2.勝利校が二桁安打を記録した 3.勝利校の選手が本塁打を記録した
Q:2015年夏選手権決勝戦について述べた文章として誤っているものをお答えください。
Q:2015年夏選手権の出場校・試合結果などについて述べた文章として誤っているものをお答えください。

上へもどる